自分の中に眠る『第六感』を鍛える

第六感とは

第六感とは、五感を超えた物事の本質を掴む心の働きの事。
『何だか嫌な予感がする』
『虫の知らせ』
『良いイメージが浮かんできた』
と言うようなもので、誰でも持っている感覚なのです。

霊感とは違う?

第六感というと、霊的なものをイメージする人もいるかと思います。
しかし、これはちょっと間違い。
第六感の中に霊感は含まれますが、第六感を鍛えたら必ず霊的なものを見れたり、感じられたりするわけではありません。
第六感は特別な力でもなんでもなくて、上記したような感覚のことを言います。

誰にでも第六感は備わっている

第六感は誰にでも備わっており、鍛える事が出来ます。
第六感を鍛えることで、日常が豊かになる場面が沢山あります。
人とのコミュニケーションが上手な人っていますよね。
それは第六感が冴えていて、相手の心の変化を繊細に読み取る事が出来るからかもしれません。
また、ここぞというような勝負時や本番に強い人も、第六感を研ぎ澄ませている事が多く、
成功する為の道筋を本能で感じとっている
のです。
では、第六感を鍛える為にはどうすれば良いのでしょうか。

第六感の鍛え方

五感を敏感にする

第六感は五感を超えた所にあります。
ですので、第六感を鍛える為にはまず五感を敏感にしましょう。

視覚

第六感が冴えている人は、人や物、景色を見て繊細な事を感じています。
人から色を感じたり、物から温度を感じたり、そう言った事を感じられるように視覚を研ぎ澄ませましょう。

聴覚

音に敏感な人は小さな音も聞き逃しません。
音は日常に溢れており、まずは目を閉じて耳に神経を集めましょう。
今まで聞こえなかった音が聞こえてくるはずですので、それを繊細に感じ取りましょう。

味覚

普段食を楽しんでいますか?
何かしながら食べたり、他の事に気を取られていると味覚はどんどん衰えていきます。
些細な味の変化を感じてみましょう。

嗅覚

第六感が鋭い人は空気の匂いを感じます。
香水の匂いだけではなく、その場に漂う空気の匂いを感じとるのです。
微量な匂いの変化にも気付けるよう、嗅覚に意識を集中させましょう。

触覚

物に触って温度を感じたり、硬さを感じたりしていますか?
肌触りが良いや、この質感が気持ちい等、触覚が研ぎ澄まされると物に触るだけで色々な事が分かります。
人に触るだけで相手の不調が分かったりするのも、触覚が優れている人の特徴です。

子供の頃を思い出す

子供は第六感が冴えています。
「昔は霊が見えた」や「20歳までに霊が見えなかったら一生見ない」と言うように、第六感は子供の頃がピークなのです。
それは、物事を頭で考えるよりも感覚で感じているから。
大人になるにつれ、何かを感じて行動しようとしても、周りの目を感じたりその先を考えたりして、第六感で感じた事を疎かにします。
そうしてしまう事で、第六感のセンサーがどんどん錆びれていくのです。
考えず、感じましょう。

第六感を鍛えて日常を豊かに

ここまで読んでいただくと分かるのですが、第六感が冴えている人って日常を大切にしている人が多いです。
五感を使って感動したり、子供の頃のように感覚を大切にして行動していたり。
そういう人たちはとっても魅力的でカリスマ性があったりします。
「なんか人とは違うな」という人は、第六感を研ぎ澄ませている人たちばかりだったりします。

素敵な人になる方法は色々ありますが、まずはこの第六感を研ぎ澄ませてみるところから始めてみてはいかがでしょうか。

諦められない想いに寄り添う殿堂入り占い師
紅舟(こうしゅう)先生

所属

電話占いウラナ|https://ulana.uranai.jp/

鑑定歴

5年以上

鑑定料

1分 260pt

紅舟先生の特徴

相手の気持ちを読み解く霊感タロットと、状況を見通す数秘術を駆使した鑑定で、ウラナ1の満足度を誇る紅舟先生。不倫、復縁など難しい恋愛にも粘り強く寄り添ってくれるから、「本気」の人に信頼されているんです。

紅舟先生への口コミ

誰に相談しても、なかなか解決できなかった複雑な二人の恋…。嬉しい時も辛い時も、紅舟先生はいつも優しく寄り添って、勇気をくれています。こんなに親身になってくれたのは紅舟先生が初めてです。(40代女性)

初回最大4000円お得! 紅舟先生に占ってもらう